FC2ブログ

The Enigma プリンストン大学

1936年、アランが24の時、未出版の"Computable Numbers"の草稿をもってニューマンを訪れた。
同じ頃、米国プリンストン大学の論理学者アロンソ・チャーチがヒルベルトの問題に答える論文を出版していた。
しかしチャーチ論文の口述的な議論に比べ、"Computable Numbers"はより直接な内容であった。
アランは、プリンストンの試験監督に採用された。キングズからは彼一人だったがトリニティーにいた友達の物理学のモーリス・プライスは前年から来ていた。
プリンストンは、当世の一流学者が一堂に会していた象牙の塔だった。しかしアランはニューマンが言った様に常習的に孤独のようだった。
アロンソ・チャーチはアランに"Computable Numbers"の講義を持つように勧めたが、講義の反響は期待はずれだった。
アランは、キングズに戻りたかったが、ケンブリッジの講師職を取得できなかったのでもう1年プリンストンに留まる事になった。
恐るべきモーリスは既に博士号を取得しており、ケンブリッジの講師職も約束されていた。
とても寂しかった。二人は一時帰国して旅行することになったのだが、ある夜アランはモーリスを求めたが驚いて拒絶された。
彼はモーリスの中に大人になったクリストファーを見ていた。二人はその後二度とその事に触れる事はなかった。
前だけをみて進む時が来た。アランは25の誕生日にアメリカに渡った。
スポンサーサイト



2013-04-22 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

田中 亨

Author:田中 亨
FC2ブログへようこそ!

最新記事

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR